グレープカンパニー

ティモンディ高岸のトライアウトは?済美高校・大学時代/独立リーグなど

ティモンディ高岸の済美高校時代について

ティモンディ高岸は済美高校にスポーツ推薦で入学しています。

また当時は済美高校以外にも近江高校や強豪校の誘いが8校もあり、プロ野球のスカウトも注目するくらいの実力でした。

中学時代から身長は180cmあり、軟式で135kmの速球を投げていたので、スカウトも納得ですね。

そんな競合の中から済美高校を選んだ理由としては「知り合いの先輩が行っていた高校」だからでした。

中学生の時から野球の実力はバケモノ級だったわけですね。

 

ちなみに相方の前田もスポーツ推薦で済美高校に入学しており、ティモンディはどちらもスポーツ万能なスポーツ芸人ということになります。

前田は今はあまりバラエティで注目されていませんが、これからスポットを浴びていけるといいですよね。

 

そんなティモンディ高岸の高校時代は高校2年生の時から控え投手県野手としてレギュラーで活躍し高校3年生の時にはエースとして奮闘しました。

しかし愛媛県大会決勝で惜しくも敗れてしまい甲子園出場をすることはできませんでした。

ちなみにこの決勝で戦った相手とは練習試合では「5戦全勝」と相性は良かったのにも関わらず、愛媛県大会の決勝だけ負けてしまったといいます。

本番は何が起こるか分からないとはよく言ったものですね。

 

そんな高校時代のティモンディ高岸がこちら。

急に音が大きくなるので注意してください。

 

また高校卒業時は「阪神タイガース」「ヤクルトスワローズ」からプロ野球のスカウトを受けています。

なのでプロ志望届を出していたなら育成選手として指名されていたかもしれないというわけです。

 

高校時代には147kmの速球を持ちながら、ホームラインを20本以上も打つといった投げる方も打つ方もできるといったかなり有能な選手でした。

 

しかし済美高校監督の「大学に進学してからプロ野球に行ったほうがいい」との指導を受け、今回は見送りティモンディ高岸は大学に進学することとなります。

ティモンディ高岸だけ厳しい指導を受けていた?

ティモンディ高岸は他の部員とはひと味もふた味も違ったようで監督も熱が入ってティモンディ高岸だけ厳しく指導していました。

その内容としては…

  • サウナ内でシャドーピッチング
  • 打撃マシンの速度を200kmにして目を鳴らしていた

などかなり厳しい練習もありました。

 

ちなみにティモンディ高岸は「200kmの豪速球に目が慣れたけど130kmのストレートが遅く感じて打てなくなった」と語っていました。

本末転倒すぎますね。笑

済美高校は挨拶や礼儀に厳しい

ティモンディ高岸の所属していた済美高校野球部は挨拶や礼儀に厳しく、監督や先輩には挨拶をしないと怒られたと言います。

さらにただ挨拶するだけではなく「大声で挨拶」がマストだったので、学校内でも緊張感を持って過ごされていました。

また済美高校に入学してから1ヶ月間は挨拶の声を揃える練習漬けの毎日で、女子生徒と話すのも禁止だったと言います。

 

挨拶や礼儀に厳しい高校時代を過ごしたからこそ、今のティモンディ高岸がいるのかもしれませんね。

ティモンディ高岸の大学時代について

ティモンディ高岸はプロ野球からのスカウトを蹴って、東洋大学へと進学をします。

そこでも野球部に所属し活動していましたが大学3年生の時に右肘を故障してしまい、プロ入りを断念することとなります。

高校時代にプロ野球入りをしていたらどうなっていたのか…神様というのは意地悪ですよね。

まとめ

この記事ではお笑い芸人の「ティモンディ高岸」についてまとめてみました。

 

簡単に内容をまとめると…

ティモンディ高岸は高校で出会った前田と共に「ティモンディ」というコンビを組んでいる。

独立リーグのトライアウトを2018年と2019年と受けたが不合格(2020年はどうするのか気になるところ)

 

済美高校時代はエースピッチャーで活躍していたが愛媛県大会決勝で負けてしまい、甲子園出場はできていない。

プロ野球からのスカウトもあった。

大学時代も野球部に所属し活躍しプロ入りを目指すが大学3年生の時に右肘を故障し、プロ入りを断念。

といった感じですね。

 

なかなか波乱万丈な野球の経歴でしたね。

今後はお笑い界で天下を取るために頑張って欲しいなと思います!

1 2 3

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です